「Kanban娘&Kanban男」番組出演ムービー



  放送内容


  今回は、石州流(せきしゅうりゅう)茶道教室「和真庵」師範の梅原宗直(そうちょく)さんにお越しいただきました。
  江戸時代、幕府の茶道として広がり武家手前と呼ばれる石州流の師範である宗直さんは、茶道教室、カルチャー教室、
  出張でイベントに参加する他、茶道家として異業種の方々とコラボレーションをするなど、多方面にわたり活躍の場を
  広げていらっしゃいます。
  一般家庭に生まれた宗直さんは、静と動を極めたいと柔道と茶道を始められ、素晴らしい茶道の先生との出会いをきっ
  かけに茶道家の道へ進まれました。
  そして、もう一つの顔として音楽活動もされているとか。アルバム「加太線ミュージック」にも「南海魂列車」という
  歌が収録されています。
  「一期一会」という言葉が好きで人との出会いと繋がりを大切にしたいという宗直さん。
  「人生の先輩たちは、今の私たちのような若者の活動に対し気さくに賛同して、未来へと続く人を残していただきたい
  と思います」と先輩方の力を借りながら成長し、次の世代へと受け継いでいきたいと熱いメッセージもいただきました。
  柔らかなイメージの中に熱いものを秘めている、正に「静と動」を兼ね備えた宗直さんでした。
  和真庵HP http://washinan.com/

ページのトップへ戻る