「和歌山城」ムービー


  和歌山城


  天正13年(1585)に紀州を平定した豊臣秀吉が弟の秀長に築城。
  秀長の城代として桑山重晴が入り、慶長5年<1600年>)には、関ヶ原の戦いで功をたてた浅野幸長が­入城。
  そして、元和5年<1619年>には徳川家康の第10子頼宣が入城し、紀州55万5千石の居城となります。


ページのトップへ戻る